アルスジェム

ネックレスプレート接合部修理

Pocket

K18NCロー付け前接合部修理後写真

プレート付近で切れてしまったネックレスの修理をご依頼いただきました。

今回切れた箇所はネックレスの一番端の部分で、
ネックレスの長さは殆ど元の長さに近い状況なので
まず切れた先端部にプレートを取り付けるための部品を取り付けて、
その後にプレートをチェーンに取り付けるという二段階の作業になりました。

今回はプレート部分も無くされてしまっていたので、
チェーンや引き輪と大きさのバランスの合うプレートを併せてご用意させて頂きました。

アルスジェムではチェーン途中で切れたネックレス修理や
引き輪のバネがくたびれてしまった時の引き輪交換も行っております。
(※着け外しがしやすい新型の引き輪の紹介記事も宜しければ併せてお読みください※)

また、意外と多いのが、チェーンが切れたとお客様が感じられているのですが、
実は引き輪やプレートをチェーンに取り付ける丸カン(金やプラチナのわっかの部品)が
外れてしまっているだけというケースです。
もし部品が揃っていれば無料で取り付けが出来ます。
(※チェーンが切れた?と思ったその時に~のブログはこちらから※)

他にもネックレスでお困りの事がございましたらどうぞお気軽にお問い合わせください。
ネックレス修理は様々なケースがありますが、どんなケースでもお見積もりは無料でお出ししております。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)