アルスジェム

ダイヤリングのリフォーム依頼を頂きました。

Pocket

ダイヤモンドの縦爪型リングをリフォームしたいとのご依頼を頂き
今回はリング枠とペンダント枠をご用意させて頂きました。

リフォームペンダント枠写真

ペンダント枠は写真のサンプル枠以外にも
シャトン(石の台座部品)にバチカン(チェーンを通す部分)を
取り付け加工する形でのご提案も平行でさせて頂きました。
シャトン&バチカンを独自に組むパターンはお客様オリジナルのデザインや要望に
カスタマイズできるのですが、上の写真の出来合い枠よりは少し割高になります。

パーツから組み上げて作るパターン、出来合い枠共に
チェーンのみを通す枠と、プレート部分も通せるタイプの枠と両方お見積もりを出させて頂きました。

リフォームリング枠正面

リング枠はお客様にお選び頂いた3種類をご用意。
シンプルなデザインの6本爪枠を選ばれました。

リフォームサンプル枠側面

上から見るとデザインの違いが分かりにくかった左側の2本の枠ですが、
リング側面の印象は結構違いがあります。

右側のリング枠も上からの写真だけでは全体像は中々掴み切れないと思いますので
この様にデザインカタログだけでなく、実際にサンプル枠をご用意して
様々な角度からじっくり見ていただくことをお勧めしております。

今回は最終的にペンダントへのリフォームに決まり、
ホワイトゴールドで枠を製作~石留め
併せてホワイトゴールドのデザインチェーンをご用意して
ペンダントをチェーンにセットして納めさせて頂きました。

デザインチェーンはチェーン全体にカット面が施され、
ダイヤの様にキラキラ輝くチェーンをお選びいただきました。
なので、ダイヤモンド(約0.70ct)とチェーン全体が華やかに煌く出来で
お役様にも大変喜んで頂けました。

リフォームと言うと、もしかすると色々難しいことがあるのではないか?とか
大掛かりに色々あるのではないか?とか身構えてしまうかもしれません。
確かに複数回、店頭にいらしていただく必要はあるのですが
今お手持ちのジュエリーがどの様に変身するのか?
或いはどの様なデザインに変身させてみようか?と考えたり
そのデザイン候補をカタログで選んだり、
選んだサンプル枠を実際に色々な角度で見る過程もまた
ワクワクして楽しい時間です。

本格的にリフォームを検討される前の、不明な点、不安な点のご質問や
ご相談もお受けしておりますので、
気になる点、ご興味などございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)