アルスジェム

ペンダント時計バチカン付け

Pocket

ペンダント時計修理前

ペンダント型の時計のバチカン(チェーンを通す部分)の修理依頼を頂きました。
古い金具が変に本体部分にはまってしまってそのままでは使えないので
この部品を取り外して、本体とバチカンの連結部品からの取り付けになります。

ペンダント時計修理後

時計本体部分とバチカン部分を連結する大型の丸カン(わっか部品)は
ロー付けで口を閉じてあり簡単には外れないようにしてあります。
バチカン部分はシルバーに金メッキです。

バチカンは時計本体とのバランスを考えてサイズを決めさせて頂きました。
今回は部品代・加工代両方で4500円でした。
(部品代・加工代で半々位です)

通常の時計ムーブメントやリューズ取り付けなどの修理も承っておりますが
こういった修理も承っております。
加工内容などで出来る場合と出来ない場合はあるのですが、
加工できる場合は見積もりまで無料でお出ししておりますので
何かお困りの事がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)